2015年11月26日木曜日

ハードウェア設計者がEclipseを

使って仕事をするなんて世も末かな.勘弁して欲しいよ.

結局手でucfファイルを書く

ポートをDIP SWとLEDだけにして,手でucfファイルを書いたら,論理合成と配置配線が通って回路が動いた.ここまでは当たり前.

リファレンスデザインを合成するとなぜかエラー多発.

いや,DIP SWの動作がおかしい.結局回路図を追う羽目に.

SWのつながっているBANKには3.3Vが供給されているのに,ucfファイルのひな形では2.5Vになってた.これがおかしい?

直してもおかしい.1つだけ光るはずのLEDが全部光っとるぞ?

こんな簡単なこともできないなんて,だからソフトウェアは....
直すまで次へ進めないぞ.

2015年11月25日水曜日

これからはARMかあ

Xilinxの代理店の人が挨拶に来た.次期のFPGAについて紹介してもらった.ARMコアを載せたモデルがあった.もうmicroblazeの時代ではないのか.ついていくのがきついなあ.

これは分かり易い

この説明はかなり分かりやすい.xparameters.hについてはおおよそ分かった気がする.

hello worldから

サンプルの映像処理プログラムは複雑すぎて全然分からないので,XPSで自分で作ったmicroblaze上のhello worldから解析することにした.

2015年11月24日火曜日

C++の知識が要る

システムが自動作成したIPのインターフェースを理解するのにC++の知識が要る.嫌ならRTLを自分で書けということか.どっちが楽だろう.

合成したIPのバージョンとか

XPSで生成した回路は,今のボードのリファレンスソースが想定していたバージョンより新しい.それがいろいろ不一致の原因のような気がしてきた.できあがったIPを細かく精査すれば直せるかな.結構しんどい作業.

ブラウザで作った回路のサマリーが見えるんだが.複雑怪奇に見える.

ivk_camera.oをmakeするルールがない

ivk_camera.oは出来ているのだが...

microblaze下のライブラリがコンパイルされていない

()_bsp下のmicroblazeライブラリ群がコンパイルされていないようだ.このライブラリに含まれるシンボルなどがnot definedになっている.

clean projectをすれば再コンパイルされる.しかし,シンボルが見つからないエラーはそのままだ.

2015年11月20日金曜日

XPAR_VDMA_0_DEVICE_IDは何処に?

XPAR_VDMA_0_DEVICE_IDの宣言ヘッダファイルを見つけられない.

どうやら昔はあったようで,IPのバージョンが上がって無くなったのではないかという結論に.
手元にある最も古いISEは13.1だが,それには無かった.

top階層はどうやって指定するんだ

Xilinx SDKはeclispe風のインターフェースだが,最上位のCプログラムソースをどうやってしていするのか分からん.自動じゃないのか?

logを見るとmakefileを参照しているようだが,どこにmakefileがあるんだ?

<>/Debugの下にmakefileがあった

2015年11月19日木曜日

fmc_imageov.hはどこだ

インポートではなく,単なるファイルコピーで良かったのだが,makeするとfmc_imageov.hがないと怒られる.

<>_bsp/microblaze_0/includeの下にヘッダーファイルを発見

XPS生成物のディレクトリ構造

どうもXPSがどこに何を生成するか分からないので,0から簡単なmicroblaze回路を作って検証してみよう.

少し分かってきた.system.xmpファイルと同じレベルにソフトウェア名のディレクトリができる.そのディレクトリの下にsrcというディレクトリが出来てその中にソフトのソースファイルが収まる.

2015年11月16日月曜日

ドキュメントと実際のブツが違う

ISE11.1以降はソフトウェアの開発メニューがXPSから消えたそうで,困っている.SDKで同じことができるはずなんだが...

配置配線まで完了

ツールのバッチを当てた後はすこぶる快調で,配置配線まで完了してbitストリームができた.これをFPGAに流し込むと正常に動いた.パッチにもっと早く気付いていれば,時間を無駄にすることもなかったのに.2週間くらい無駄にしたかも.
そう言えば,MATLABが必要なはずだったが,ハードウェアには関係なかったみたい.ソフトをいじると必要になるのかもしれない.

libSecurity_FNP.dllの問題だった

エラーの起きたdllがlibSecurity_FNP.dllだったので,これで検索してみるとISEのパッチがあった.パッチを当てると(dllファイルを入れ替えると),エラーは出なくなった.
http://www.xilinx.com/support/answers/59851.html

ファイル名の問題か?

HDLファイルのパス名に空白が含まれているとエラーになる.また,パス名を作業中に変えるとエラーになる.もしかして今悩んでるxst.exeが突然終了するエラーもこのあたりに原因があるのかも?

2015年11月13日金曜日

ERROR:EDK:546 - Aborting XST flow execution!

エラーメッセージがこれだ.XSTがいきなり落ちて終了する.この原因をつきとめなくてはならない.結構つらい作業だ.

2015年11月9日月曜日

評価版ライセンス取得

期限付きなのであまり気が進まなかったが,Xilinxの画像関係の評価版ライセンスを取得した.プロジェクトがエラー無しで読めるようになった.
それはうれしいのだが,HDLにエクスポートしようとするとエラーで止まる.まだ何か必要なのだろうか.それともISEのバージョン違いのせいか.
そう言えば,MATLABの件は無視しているのだが,そのせいか?

2015年11月5日木曜日

IPも買わなくてはならない

有料のIPが使われている.評価ライセンスなら期限付きで無料だが.こーゆーのを使わずに全部スクラッチで書いたら,きっと性能が出ないんだろうなあ.悩ましい.

MATLABが必要だって!?

デモシステムをジェネレートするのにMATLABが要ると書いてある.持ってないんだが.

OV9715

いじりたいカメラはオムニビジョン社のOV9715だ.FMCに2個付いている.

2015年11月4日水曜日