2016年1月14日木曜日

思い出せ!

PlanAheadかISEを使ってSDKを使っていたやり方を思い出したい.他の仕事すると過去のことをすぐ忘れる.年かねえ.

思い出したはずのXPSを使っていたやり方だけど,PLBバスだとうまく動き,AXIバスだと動かない.なんでだー.

また忘れた

動かし方がいくつもあるので,すぐ忘れる.XPSでデザインして,SDKにエクスポートしてSDK上でソフトウェアをrunさせるのはうまくいく.この場合ISEは使わない.

これだとChipscopeをどうやって動かすかが分からない.

XPSのChipscopeを動かしてみた

XPS内でChipscopeのiconとilaを選んで生成し,そのままISEで論理合成配置配線して,bitストリームをFPGAにダウンロードする.その後ISEからChipscopeを起動すると動いた.もとのVHDLを変更する必要もなかった.こんなに簡単でいいの?

2016年1月13日水曜日

XPS内にChipscopeをインスタンスするIPカタログがある

どうやって使うんだろう?

XPSで作った組み込みシステムの中身は

Chipscopeで見られないみたいだけど,何か手があるのだろうか.

Chipscope Pro をやっと動かせた

配置配線までエラー無しに通るBASEデザインにコアを生成するタイプのChipscope Pro を組み込んだ.とりあえず動いた.しかし,観測する信号に出力ピンを指定するとbuffがなんとかinoutがなんとかと言って叱られる.なぜ?